FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月ももう後半

2011年04月21日 00:04

真田(だむし)からバトンをもらった4年の伊藤です。

「お前は日々踏み出しているというよりは、踏み外しているという方がしっくりくる」
という意見が多々ありますが、
僕的には
「踏み外さない人生ほどつまらないものはない」
と思っています。


このままだとまともな方向に話が進まないのでちゃんと書こうと思います。


最近の僕はというと、
所属している経済学部が地震の影響で5月開講ということで、
もっぱら部活と就活に勤しむ日々を過ごしています。


新入生の皆さんは、
もう4月も終わりに近づき、いよいよサークル選びも大詰め・・・って感じですかね。

まだどのサークルにしようか決めかねている人もけっこういるかと思います。

てことで今回もお題は
「入部した理由」
にしようかと思います

僕もこの時期は、
華の大学生活という桃源郷を目指し
色々なサークルを見て回ってました。

テニサーはもちろん、スキーサークルの新歓にも行ったし、
ゴルフの打ちっぱなし体験会も行ったりしました。
新歓期の喧騒に乗じて勧誘を仕掛けてくる怪しげな団体に危うく入会させられそうになったりもしました。


それでもまあ本命は、
・高校でやってたサッカー
・新しく出会ったラクロス
のどちらかでした。

そんな時に決め手となったのは、
・先輩の雰囲気
・日本一を目指せる
の2つでした。

初めて行った練習会の時、
練習前にとてもやさしく話しかけてくれてた先輩たちが
練習ではすっごい真剣な表情に変わりすんごくゴツいシュート決めたのを見て
とっても憧れを持ったのをよく覚えています。

俗にいう
「ギャップ萌え」
てやつですね。

「普段はふざけたりしょうもないことをしたりするけど、
ラクロスやるときは目の色が変わる」

こんな人たちの集まりがラクロス部です
これがラクロス部のよさだと今も感じています



また、東大なのに強い!
というのにもすごく惹かれました

「スポーツをやるなら強いところで高みを目指したい」
と思う人はぜひラクロス部をお勧めします
僕もそう思って入部しました

もちろん
「日本一を目指す」
というのはとても大変なことです

何度も挫折や苦い経験をします。

それでも、
リーグ戦の大応援の中でプレーして勝利したときには
何物にも代えられない最高の喜びと達成感があります
生きててよかったって本気で思えます

もし、そんな体験を味わいたい人がいれば是非ラクロス部に来てみてください





まあ、いろいろ書きましたが、
実際に一度見てみれば一番ラクロス部の魅力が伝わると思います。

百聞は一見に如かず
です

今週の土曜にも六大戦があるので、興味がちょっとでもある人は来てみてください。
もちろん、駒場での体験会も随時開催中です!




さて次は、
今期のBLUE BULLETSデキ女ランキング堂々の第5位
の鈴木結ちゃんが満を持しての登場です。
皆さん期待して待ちましょう。
お題は「最近はまっていること」でおねがいします。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tokyolacrosse.blog96.fc2.com/tb.php/194-dd626f41
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。