FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢、敗れる。

2011年11月15日 00:00

こんにちは。
4年MGの福田です。
一昨日行われたFINALの結果をご報告します。

11/12(土)関東学生リーグFINAL vs 早稲田大学

● 5-6 負け

関東学生リーグ 準優勝

延長戦までもつれ込む接戦の末、今年のFINALを制したのは早稲田でした。

3Qを終えて5-3、2点リード。
しかし4Qで同点に追いつかれ、延長戦。
どちらかが決めれば即終わりのサドンビクトリー。

延長戦開始1足らずで早稲田のシュートが東大のゴールを揺らす。
11BLUEBULLETSの夢散る瞬間でした。

勝利は目前まで来ていましたが、最後は一瞬で決まってしまいました。
この悔しさは、きっと一生残るのでしょう。

思い返せばこの一年、楽しいことよりも
もがき苦しんだことのほうが多かったような気がします。
6月、7月と全く勝てない日が続き、チームの停滞を感じることもありました。
幹部コーチはじめ、多くの部員が悩み、迷い、
勝利のために自分ができることは何か、問い続けました。
リーグ戦でも安心できるような試合は一つもありませんでした。
プレーオフ進出を前に引退を覚悟した試合もありました。

それでも、リーグ戦を突破し、FINAL4でも勝利をつかみ、迎えたFINAL。

負けてしまいましたが、FINALの舞台を選手は最高に楽しみ、激闘しました。
試合での選手からは、ラクロスのできる喜び、感謝、チームへの想い、
そして何より、勝ちたい、という覚悟を感じました。
本当に皆、良い顔をしていました。

[FINAL]up良い笑顔
グラウンドでのアップ中。皆、いい笑顔。

[FINAL]スコア後の喜び
得点後、喜びを分かち合う選手達

[FINAL]AT陣
今試合、それぞれ得点をあげたAT陣。#18深澤、#25山本、#51上野。

[FINAL]新井
最後まで東大のゴールを守り続けた#2新井


[FINAL]西山後藤
試合後、#17西山と気持ちを共有するSTF後藤

これまでラクロス部を応援し、支え、私達を育てててくださった
家族、OBOG、コーチ、ファンの皆様、本当にありがとうございました。
FINALで勝ってその気持ちに応えたかった。
それができなかったことがとても悔しいですが、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

319989_293145517372212_100000302999312_1011170_1920409700_n.jpg
FINAL試合前の集合写真。


学生リーグは終わってしまいましたが、11BLUEBULLETSはまだ続いています。
今週末にはBチームの最終練習試合、12月には1年生の新人戦もあります。

あと少し、11BLUEBULLETSは4年生も含め、96名全部員で走り続けます。
今後も応援、よろしくお願いいたします。


4年MG 福田美貴
スポンサーサイト

FINALへの思い

2011年11月11日 18:03

思い返せば、去年のFinalの舞台。


自分は、スタンドで応援することしかできず先輩たちは引退していった。


先輩たちの力になれなかった自分が悔しくて、この一年間ここで味わった屈辱を忘れずに頑張ってこられた。


ずっと今年意識していた相手。早稲田大学。因縁のライバル。





一週間前Final4の舞台。


11Blue Bulletsでは、初めて引退がかかった試合だった。


初めての大舞台で緊張した。引退するのが怖かった。


前日は、なかなか寝付けなかった。


試合中も頭がいっぱいいっぱいだった。


試合は、同期の活躍でなんとか勝てた。


あれが自分の引退試合だったらと思うと、本当にぞっとする。


そんな自分が悔しくて、この六日間Finalに向けて最高の準備をしてきた。




引退を恐れてもしょうがない。


今年は、このFinalで勝つためにやって来た。


今年やってきたことに自信持って、覚悟決めて、この最高の舞台を誰よりも楽しむ。


早稲田に真っ向勝負して、激闘する。



#33 MF 森 健樹

明日、いよいよFINAL!

2011年11月11日 15:24

明日4年目にして初めてFINALという舞台に立てる喜びとともに、
ここまで支えてくれた方々に対する感謝の気持ちを感じています。

振り返れば4年間いろいろありましたが、いつも自分を支えてくれる仲間がいました。
特に4年生になって仲間の大切さをあらためて感じ、
この仲間とFINALを勝ちたいと心から思って、日々練習してきました。


ついに、その想いを明日実現することができる機会を得た、そう思うと、
この一生に一度しかない機会を絶対に逃したくはないです。


多分、早稲田の選手もそんな風に思ってるはず。
だから、明日の試合はお互いの4年間の想いをぶつける、そんな試合になるでしょう。


明日の試合で、絶対に勝つことができるよう、自分や仲間を信じて全力で闘います。


応援よろしくお願いします。

(4年LG#40 豊馬 玄徳)

11月12日(土)
FINAL!! vs 早稲田大学
11:00FO @駒沢第二球技場

いざ、関東制覇へ。


DSC_0606.jpg

SOUL No.5 #25 AT 山本 晃右 (11/10)

2011年11月10日 15:15

少し自分の話を。


1年の時、新人戦はBチームで、しかも無得点。

2年の時、あすなろは控えで出れず、無得点。

3年の時、Bチームでは出番も与えられ、そこそこ点とれたし少しは貢献できたけど、リーグ戦には出れず。

4年になって、何度もBチームに落とされ、挙げ句6月中旬にはリーグ戦にもう出さないと言われたこともあった。

ふりかえれば全然順調さの欠片も感じない。

でもリーグ戦を突破して、FINAL4も勝利した。

次はFINAL。
ようやくつかんだ大舞台。
チームのためとかカッコいいことはもういい。
俺が点とる。
俺が点とって勝つ。

あー、緊張する。
でもまだまだ終わらせたくない。

早稲田に勝つ。

激闘。

#25 AT 山本 晃右


FINAL4 勝利!!

2011年11月08日 20:38

4年AT#25山本です。

先日の日体大とのFINAL4の結果を報告させていただきます!

FINAL4 vs 日本体育大学
10-9で勝ちました!

負けられない試合で、
自分の得点で少しでもチームに貢献できたかなと思うとすごく嬉しかったし、
以前よりはうまくなったなと先輩に声をかけてもらえて嬉しかったです。

#25


でも思い返せば、
試合前には、死ぬほど緊張していたけど、
まわりの人にからかわれたり励まされたりしてほぐされ、
試合始まってからは、どんなにミスってもフィールドの仲間にカバーしてもらって、
それにあちこちから声もかけていただいて、

すごく、すごく助けられてばかりで、
もうとにかくありがとうございましたという気持ちです。

DSC_0590.jpg



FINALでも感謝の気持ちを忘れず、
そしてまわりに助けてもらいながら
全力で頑張ります!

応援よろしくお願いします。


AT#25 山本晃右

SOUL No.4 #22 MF/FOer 松裏 直樹 (11/5)

2011年11月05日 23:00

全国制覇。

スポーツをやった人間は誰もが一度はこの言葉に惹かれると思う。
俺も当然のように憧れた。
単純にカッコいいと思っただけで、
「どんなことをしてでも達成したい」なんて覚悟もなかったけど、
それでも小さな頃からずっと夢見続けてきた。
東大ラクロス部に入ったのもその延長だ。

夢を追いかける中、色々苦しい思いをすることもあり、
その度にたくさんの人にお世話になってきたけど、
一番力をくれたのはいつも「四年生」だった。
どんなに辛くても頑張り抜くことを教えてくれたり、
カッコよく勝つ姿を見せてくれたり、憧れの舞台へ連れて行ってくれたり。
自分は後輩として色々なものをもらって、だからこそ、ここまでやってこれた。

今度は俺の番。
先輩のようになりたいし、ならなくちゃいけない。
なら、何をするか。
決まっている。
全国制覇だ。

日本一になれば、自分の夢が叶うし、
その喜びを共有した後輩たちには引退するまで頑張りきってもらえるだろうし、
先輩たちへの恩返しにもなる。
欲張りかもしれないけど、そのためにこの一年頑張ってきた。

これからの戦いは本当に厳しいけれど、四年生として勝たせてみせる。
だから、見ててくれ。


#22 MF/FOer 松裏 直樹

SOUL No.3 #16 LG 岡本 淳 (11/3)

2011年11月03日 23:48

小さい頃から、おっちょこちょいで前のめり。

大学生になって、ラクロス部に入っても相変わらず。

沢山の人に迷惑をかけた。
怪我も多かった。
落ち込んだ事は数え切れない。

ただその度に、
周りの誰かの、

励ましの言葉だったり、
厳しい指摘だったり、
何気ない笑顔だったり、
他愛の無いバカ話だったり、
黙々と練習している姿だったり、

同期先輩後輩初め、ラクロス部内外の様々な人達の、

言葉に、

行動に、

救われてきた。勇気付けられてきた。
自分では、何一つ出来なかった。



今、ラクロスが最高に楽しい。

この環境の中で、学生日本一目指してプレー出来ていることが、
幸せで幸せでしょうがない。

今まで出会ったすべての人との関係性の上に今の自分があると思うと、
本当に、感謝の念しかない。


だからこそ、
心底尊敬できる先輩方、生意気だけど可愛い後輩達、
何よりかけがえのない同期と、

今年絶対に学生日本一になる。


お世話になった全ての人に、ほんの少しでも胸を張れるように。
照れずにお礼を言えるように。


結果を出す。這ってでも勝つ。


やってやる。


#16 LG 岡本 淳


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。