FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気

2009年04月14日 05:31

こんばんは。
チームで一番の人気者の淳さんから指名された、3年MF#23の今村翔です。

さて、最近は新歓期ということもあって、やる気に満ち溢れた新入生と話す機会がたくさんあります。


勉強したい!

運動したい!

とにかく楽しみたい!


という新入生のやる気あふれる感じにたくさん触れていると

「うおー!やってやるぞー!」

ってなってかなり刺激もらえてます。

こんな感じで単純にモチベーションも上がるんですが、それと同時に自分が1年の時何考えてたかなーって思いを巡らすことがよくあります。

いや、無理矢理お題につなげてるわけじゃないんですよ。

本当に思い返しています。


僕がラクロス部に入ったきっかけは

・本気でスポーツをやってみたい

・勝ちたい

・いつまでも続くような関係を築きたい

特に、最初と最後のが大きかったです。


大学に入ったら運動をそこそこして、遊んだり、いろんな活動したりしようかな、って考えていて、実際サッカーサークルに行ってみたけどなんか違う。

高校までサッカーをやっていたものの不完全燃焼気味、練習は真面目にしていたけど自主練とかはほとんどしてませんでした。

考えてみると、本気でスポーツに打ち込んだ経験ってないのかもなーって思いました。

大学生活がスポーツに打ち込めるラストチャンスじゃないか?

他のものは社会人になってからでも遅くはないんじゃないか?

せっかく今までスポーツをやってきたのに、このまま全然本気で打ち込んだこともないまま終われない

って思い、

熱い

強い

などを考えて、ラクロス部に入ることを決めました。


あとは、本当に他の人のブログでも度々見られるように人間関係が大きかったかなと思います。

ほんと魅力的な人が多くて、先輩後輩分け隔てなく仲良くて、いつも笑いにあふれてる感じが最高です!

でもしめるときはきちんとしめる、練習は本気。

同期や先輩・後輩とずっと仲良く、この関係が続いていけばいいのになーと思っています。

そして、この人たちとめっちゃ勝ちたい!

勝つ!

って感じです。


長くなりましたが、新入生の皆さんは、自分がどこだったら一番大学生活を楽しめるかな、って考えて沢山のところを見て回って決めると良いと思います。

大学生活はいろいろな可能性が開けてると思うので。


それでは、次の人お願いします
スポンサーサイト

春。

2009年04月08日 00:50

こんばんは。駒場の夜桜がとても綺麗ですね。オリ合宿の富士急では下クラよりもはしゃいでしまいました。2年DFの岡本淳です。背番号は16番です。

さて、今日は僕が入部したキッカケについて語らせて下さい。

僕は当初、運動部に入ろうだなんて微塵も思っていなくて、テニサーとかサッカーサークルで、イケイケの大学生活を送る予定でした。

そうして迎えた諸手続きの日の熱烈な勧誘。僕は頼まれると断れない性格なので多くのテントに座っていました。全く興味のないワンダーフォーゲルとか自転車とかも座ってしまったぐらいで、テント群を抜けるのに3時間近くもかかってました。なんだかんだ運動部の大半に座った記憶があります。

でも、最後の方に某インカレテニサーのテントに入って、きれいなお姉さんにちやほやされて、完全にテニサーモードでした。

だって、中高6年を男子校で過ごし、夢の大都会東京に出てきたばっかりの18歳が、美人の年上のお姉様に、「君超イケてるから~」とか笑顔で言われたら、誰だって舞い上がっちゃうじゃないですか!!

帰りの井の頭線では完全にテング状態で、もう頭の中は色んな妄想が渦巻いてました。



でも家に帰って冷静さを取り戻すと、テニサーってどうなの??と思い始めました。なんだか自分が堕落しそうな気がしてきました。「サークルだと大学生活酒で終わっちゃうんじゃね??」みたいな。完全な想像ですが。そもそもセレクの存在を知った時点であんまり好きにはなれなかったんです。

というわけで僕は運動部に入ることに決めて、後日、中高ずっとやってて腕にもそこそこ自信のあった卓球部の見学に行きました。

でも、入りませんでした。練習の雰囲気が何となく…なあなあというか・・・(すみません卓球部の方)・・・

で、卓球はやめて、新しいスポーツを始めることにしました。どうせやるなら強いとこがいいと思い、アメフト、ボート、ラクロスの3つに絞りました。

3つとも体験会や食事会に行って、非常に悩んだ結果、僕がラクロスに決めた理由は大きく3つ。
・単純にラクロスが楽しかった。
・雰囲気が良かった。
・勧誘が強引すぎなかった。
体験会は楽しかったし、チーム全員、学年関係なく仲良くて、でも締めるとこは締めるという雰囲気。そして魅力的な先輩方。勧誘も、テントでマッチョなお兄さんに囲まれて入部を迫られるわけでなく、毎晩電話がかかって来るわけでなく、テントやメールで、楽しく雑談しながら「ラクロスを選択肢のひとつに~」というスタンスにもキュンときました。あと同じ高校の先輩がいたのも大きいです。

気付いたら毎朝ホッケー場に足を運んでいました。


長くなってしまいましたが、こんな感じです。


この1年、楽しいことも、つらいこともたくさんありました。どちらかというとつらいことの方が多かったかも。

でも、新人戦やFINAL4、見ているだけで心の底から感動がこみ上げてくるあの感覚。

何か暖かいものに包まれたような高揚感、周りとの一体感。

あの歓喜を、まだまだ味わいたいから、いつか自分もプレーしたいから。

ほんの1年前まで、まさかこんな日常が待ってるとは思わなかったけど、もちろん、後悔はしていないです。きっとこの思いは年を重ねる度に強くなっていくんだろうなぁ。


あすなろカップまで、あと1か月。同期だけのチームで試合するのは、これが最後。


あーーーー


勝ちたいっす!

入部したきっかけ

2009年04月06日 03:10

こんにちは。四年の松本向貴です。新歓副代表をやらせてもらっています。

諸手続きが終わったと思うと、もう明日はサークルオリですね。

新入生のみなさんはオリ合宿楽しかったでしょうか?



さて、このブログ、いつもはみんながそれぞれ書きたいことを書きたいままに書いて行くという形ですが、

せっかく新歓期ということなので、新歓期にちなんだお題を決めて回して行こうと思います。

今回のお題はずばり「入部したきっかけ」。

何人か続いたらまた別のお題に変えましょう。

というわけでまずぼくの入部したきっかけから。



中学・高校と、ずっとサッカーをやってて、大学に入ってもサッカーをやろう、と心に決めてました。

部活かサークルかは迷ってましたが。



ぼくが一年生の頃は、三月に本郷で健康診断があって、そこでのテント勧誘が新歓の始まりでした。

そこでアメフトに囲まれ、ボートに拉致され。これは今も昔も同じですね。みんせいの「日本の学費はどっち?」なんてクイズもありました。

で、ラクロス部のテントの前で同じように道を塞がれていたところ、高校の先輩がいるなーと思って中を見てたら、

声をかけられて、テントに入ることになりました。(その先輩はぼくのことを知らなかったけど笑)

そこで初めて、この部が「日本一」を目指していることや、練習が朝であることなどを知って。

単純に、日本一いいなーって、昼が自由なの便利そうだなーって思いました。

サッカーしたいって気持ちは全く無くなくならなかったけど、とりあえず朝はひまだし練習に行ってみることにしました。



で、初めてラクロスやってみて、思ったのは、

「サッカーの方が楽しくね?」

キャッチボールしたり、ボール持って走り回ったりするのは凄く楽しかったけど、

なんかサッカーの方が楽しいなーという思いは捨てられませんでした。

昼や夕方にサッカーサークルの体験会に行くと、それはもう楽しかったです。笑



それでもぼくの足をこの部に運ばせ続けたのはなんだったんでしょうか。

一年生の時はただなんとなく、なんとなくで通い続け、気づいたら入部してたんですが、

今思えばそれは全部「」の力だったのかな、と。

優しく接してくれる人、将来のこととか話してくれる人、筋肉がやばい人、一発芸が面白い人、成績が良い人、

やたらいろんな人がこの部にはいて、そこから来る雰囲気みたいなのに惹かれたのだろうと思います。

サッカーには後ろ髪ひかれる想いもだいぶあったけど、それは自分がやりたければできる。

それより、この人たちと、みんなで集まって、日本一という一つの大きなことに向かって行くっていうことは

確実にここでしかできないことで、それを無意識に感じ取ったからこの部に残ったのでしょう。



新入生のみなさんも、サークルや部活を選ぶときは、どうかやってる活動だけで決めて欲しくないと思います。(もちろんそれもとても大事だけど)

大事なのは、その活動を、どんな人が、どんな風にやってるかってことで、

それは自分の目で確かめないとわかりません。

新歓期はあっと言う間ですが、ぜひ、いろんなところを回って、そこで自分の感じたことを大切にしてください。

そしてその回るところの中に、ラクロス部男子がもしあったなら、とてもとても歓迎します。




気づいたら宣伝で締めてしまいました。副代表なので許してください。笑

次は二年生の誰かにお願いしようと思います!


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。